経営理念

社員一人ひとりの創造力と感性を磨いて、
お客様に信頼される誠実な施工と技術力により、
社業の発展を通じて社会に貢献する。

企業行動規範

1 法令を遵守し、公正な競争を推進する

企業としての法令遵守はもちろん、役職員の一人ひとりが高い倫理観で社会的良識をもって企業活動を実践する。
刑法や独占禁止法に違反する行為はもとより、入札の公正、公平を阻害する行為を行わず、自由な競争を行う。

2 社会のニーズに応えた建設活動をする

社会の要請、顧客のニーズを、顧客の立場で考えて新たな価値を創造し、
経営の合理化および技術開発の促進等を通じて生産性の向上を図り、良質な建設生産物を提供する。

社会の要請、顧客のニーズを、顧客の立場で考えて新たな価値を創造し、経営の合理化および技術開発の促進等を通じて生産性の向上を図り、良質な建設生産物を提供する。

3 人を大切にし、よりよい環境を作る

安全で働きがいのある環境を確保し、個性・創造性を大切にする人間尊重企業の実現を目指す。
よりよい環境を創造するとともに、環境保全や再生に積極的に取り組み、建設副産物についてはリサイクルや適正処理に万全を期す。

4 社会との調和を促進する

地域社会との良好な関係を築き、維持に努め、積極的に社会貢献を推進し、企業情報を正確に開示して社会との調和を促進する。
また、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関係をもたない。

5 経営トップの役割

経営トップは本行動規範の精神の実現が自らの役割であることを認識し、実効ある社内体制を整備するとともに、
自ら問題解決にあたる姿勢を示し、原因究明、再発防止に努めて、企業倫理の徹底を図る